Home » これからの講義, 新しいお知らせ一覧 » 10月30日(日)に「第17回老後貧困から身を守る―65歳からの老いの守り支度」が開催されます。

10月30日(日)に「第17回老後貧困から身を守る―65歳からの老いの守り支度」が開催されます。三鷹雑学大学


10月30日(日)に「第17回老後貧困から身を守る―65歳からの老いの守り支度」が開催されます。

講師:細沢祐樹(司法書士)
細沢さんは都内在住の現役の司法書士で、細沢司法書士事務所代表です。相続や成年後見などさまざまな業務をこなしています。
著書に『老後貧困から身を守る』(講談社)
内容
 老いが進んで、認知症や動けなくなったとき、財産や暮らしを守るためにどうしたらいいのでしょう。司法書士の細沢さんは、あとで老後貧困になって後悔しないよう、判断能力がまだしっかりしている時期からの老いの守り支度が欠かせないと語ります。さまざまな事例から、成年後見制度など私たちが備えておくべき知識や知恵をわかりやすく伝授します。

開催日:10月30日(日)13時~15時(講義1時間+ディスカッション)
会場消費者活動センター :2階和室
受講料・参加費:無料
みなさんのご参加をお待ちしています。

comment closed

アーカイブ



サークルとクラブ


「市民知」塾


Copyright(c) 2016 三鷹雑学大学 All Rights Reserved.