Home » これからの講義, 新しいお知らせ一覧 » 第11回講義が24日(日)に開催されます。

第11回講義が24日(日)に開催されます。三鷹雑学大学


アートでコミュニティを育てる

 東京都美術館と東京藝術大学が連携して行なっているアートを介してコミュニティを育む「とびらプロジェクト」をごぞんじですか?

 「とびらプロジェクト」では東京都美術館を拠点に、一般から集まったボランティアのアート・コミュニケータ(愛称:とびラー)が学芸員や大学の教員、そして第一線で活躍中の専門家を中心としたプロジェクトチームと共に活動しています。人と作品、人と人、人と場所をつなぎ、美術館に集まる多種多様な人びととのコミュニケーションを大切にし、そこから生まれる新しい価値を社会に届けているのです。
 今回は「とびらプロジェクト」コーディネータの大谷郁さんと三鷹在住の元とびラーの越川さくらさんに、いまどのようなことが行われていて、それが地域社会にどのような効果をもたらしているかを語っていただきます。

講師:大谷 郁(+越川さくら)

大谷さんは「とびらプロジェクト」コーディネータで、東京藝術大学美術学部で特任助手をやっていらっしゃいます。
参考書に『コミュニティ・ミュージアムへ』『ミュージアムが社会を変える

開催日:4月24日10時~12時(講義1時間+ディスカッション)
会場:消費者活動センター
受講料・参加費:無料

comment closed

アーカイブ



サークルとクラブ


「市民知」塾


Copyright(c) 2016 三鷹雑学大学 All Rights Reserved.